二日酔いの対策方法

二日酔いの対策方法

オルニチン

お酒の付き合いは外せない…。でも、二日酔いはイヤですよね!
二日酔いにならないための対策を考えてみませんか?

 

あまりお酒が飲めない方でも、二日酔いを防ぐことができます。

 

二日酔い対策では、お酒の飲み方が第一にポイントになります。がぶがぶと勢いよく飲む方法は二日酔いになりやすい飲み方です。

 

体へのアルコールの吸収をゆるやかにすることで二日酔いを防ぐことができるので、ゆっくりとお酒を飲むようにしましょう。

 

また、お酒を飲んだあとは体内でアセトアルデヒドが発生します。これをスムーズに分解させることで二日酔い対策になるので、オルニチンなど肝臓の機能をサポートする成分を摂りましょう。

 

良質なタンパク質やビタミン類などバランスよく栄養を摂ることをオススメします。たとえば、肉類や魚介類などからタンパク質を摂り、レバーやほうれん草、牡蠣などが二日酔い対策にオススメの食べ物です。

 

実際にタンパク質を摂りながらお酒を飲むと二日酔いになりにくいとされています。

 

お酒を飲むと利尿作用があらわれて脱水症状を起こすため、こまめに水を飲むのも二日酔い対策になります。お酒の合間にチェイサーを入れ、なおかつお酒を飲んだあとも水分を補給するようにしましょう。

 

お酒を飲む前にオススメの食べ物

 

よく空きっ腹に酒がきくと言いますが、その通りで何かしら食べたあとの方がお酒を飲んでも二日酔いを防ぐことができます。

 

たとえば、脂肪分をとると脂肪が胃の中で吸収されないことからアルコールの吸収を抑えることができます。オリーブオイルをスプーン1杯飲むなどの方法はヨーロッパでも知られています。

 

また、乳製品も二日酔い対策になると有名です。脂肪分を適度に含むヨーグルトなどがオススメです。

 

その他に、二日酔い対策に良い食べ物はいくつかあります。

 

二日酔いの対策方法

柿タンニンに胃粘膜保護作用があり、アルコールの吸収を抑えアセトアルデヒドの分解を促すことができます。カロチンやビタミンCも豊富に含んでいて、肝臓の健康時に役立ちます。

 

 

梅干し

二日酔いの対策方法

含有成分のピクリン酸が肝臓を活性化させる他、クエン酸が疲労回復をサポートし体の調子を整えて酔いにくい状態にしてくれます。

 

 

ゴマ

二日酔いの対策方法

セサミンには肝機能の働きを助ける作用があり、アルコールの分解を促したり、活性酸素を取り除く抗酸化作用によって肝機能を向上させることができます。

 

 

また、有名なウコンにはクルクミンという成分が含まれていて、胆汁の分泌を促しアセトアルデヒドをスムーズに分解します。
飲み物になりますが、緑茶はカテキンが二日酔い対策に良いと言われています。
このように身近な食べ物飲み物に二日酔い予防効果が期待できるものがたくさんあります。お酒を飲む前に良い成分を取り入れて調子を整えましょう。

オルニチンサプリランキング!